工務店経営のヒントが届く! 無料メルマガはこちら >

【第88回】ネット集客の基本(工務店版) よくわかる用語集

用語解説

「いい家を建て、利益も残す工務店300の方法」ブログでは、ネット集客についての記事も今後増やしていく予定です。

この記事では、ネット集客においてよく使われる用語を、基本的なものから少し難しいものまで、できるだけ分かりやすく解説しています。

もし分からない用語がありましたら、このページで確認し、読み進めていただければと思います。
用語は随時追加していきます。
 

インターネット

インターネット回線でつながったコンピュータ同士の情報網、ネットワーク。
略して「ネット」とも呼ばれます。
この情報網を使う、ホームページ、電子メール、IP電話、ファイル転送などが「インターネット」の中に含まれます。

ホームページ

本来の意味は、Webブラウザを起動したときに最初に表示されるページ、です。
しかし現在は「Webサイト」を指して使われることが多くなっています。

Web(ウェブ)

World Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ)の略。インターネットの機能の一つ。
情報網を使い、文書・画像・動画などを公開したり閲覧したりできる仕組み。
ネットワークでつながっているので、次から次へと様々な情報(Webページ)をたどって行くことができます。

Webブラウザ(ウェブブラウザ)

パソコンやスマホでWebを閲覧するためのソフト。
主なものには、Google Chrome(グーグル クローム)、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)、Mozilla Firefox(モジラ ファイアーフォックス)、Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)、Safari(サファリ)などがあります。
いまこの文章を読んでいるのは、何らかのWebブラウザを使用していることになります。

Webサイト(ウェブサイト)

Webページが集まって1冊の本のようになっているもの。
略して「サイト」ともいいます。
この「いい家を建て、利益も残す工務店300の方法」が「Webサイト」です。

Webページ(ウェブページ)

Web上にある、情報が書かれたページ。
いまご覧になっているページが「Webページ」です。
 


この記事に関するご質問・ご感想・お問い合わせは【工務店経営の専門家・ジクージン】まで、お気軽にお送りください。


いい家を建て、利益も残す工務店300の方法
読者会員登録


メール会員
読者会員さまに、工務店経営に役立つ情報をメールでお知らせします。

セミナーや勉強会・交流会のご案内も優先的に届きます。
オリジナル資料のダウンロードもできます。
時々おまけもついてます。

年会費は無料です。登録しておきませんか?


ABOUT US

間瀬 隆司
工務店経営の専門家。集客・営業、人材教育・組織づくり、経営計画、資金繰りを含めた「全ての面倒をみる」スタイルのコンサルティングで、工務店さんを支え続けて29年。工務店のほぼすべてを知り尽くしており、駆け込み寺的な役割を果たしています。神奈川県横浜市在住。海を見るとホッとします。
→詳しいプロフィールはこちら