工務店経営のヒントが届く! 無料メルマガはこちら >

【第21回】工務店の粗利率。本当はどのくらいが適正でしょうか?

Q粗利はどのくらい確保すべきでしょうか?
うちは18%くらいなのですが、経営は厳しい状態です。
私はこれ以上の利益率はまずいと思います。
本当は粗利率はどの程度までだったら良いのでしょうか?
(工務店・44歳・静岡)

Aはい、これは案外よくいただく質問です。
それだけ「粗利益率」を気にされている社長さんが多いということですね。

よくある工務店社長さんとの会話

適正な粗利益率

私「では伺います。20%ならどうですか?」
社長「良いと思います」

私「では、25%では?」
社長「う~ん、ちょっと儲けすぎかな」

私「そうですか。では、30%では?」
社長「絶対まずいです」

私「なぜですか?」
社長「そりゃ、儲けすぎでしょう。施主さまに申し訳ない」

今までに何度か、こんな会話をしたことがあります。

25%は良くて、30%ではダメ。
その線引きはどこから来ているのでしょうか?

この傾向は、真面目な2代目社長さんに多いような気がします。
「儲けすぎてはいけない」と、誰かに刷り込まれたのでしょうか。
しかもかなり歪んだカタチで…。

まずは自社の状態を見極めて

「じゃあ、結局、何%なら良いのですか?」
というご質問には、「取れるなら、取れるだけ取ってください」と、お答えしています。

それは、工務店さんごとに全く事情が異なるからです。

例えば「スタッフ7人で年商5億」の工務店さんと、「スタッフ15人で年商5億」の工務店さんがあるとします。

当然、「スタッフ15人」のほうが、粗利を多く取る必要がありますね。
一方、「スタッフ7人」のほうは、粗利が少なくても余裕かもしれません。

つまり、いかに効率よく経営ができているか、で違ってくるのです。

儲けが少なくカツカツでいつ倒れるか分からないよりは、会社が永続したほうがずっと良いのですから、たくさん取れるに越したことはないわけです。


なお、想定より粗利が少ないときは、計算方法が違っているケースも考えられます。
詳しくは第43回で取り上げていますので、念のため確認されることをおすすめします。

売上と利益

【第43回】間違えていませんか?粗利益率と見積の計算方法 ~工務店の数字4

粗利の最低ラインの目安

これは一般論ですが、最低ラインは一応あります。

スタッフが5人以上、年商4億以上であれば、最低22~23%は取りたいところです。
18%では、かなり厳しいと思います。

数をものすごく多くこなしていれば10%台でもいい、という考え方もできます。
しかし、工務店業の場合、数を増やせばどうしても人手が必要になりますから、なかなか難しいですね。

他の業種、例えば製造業は、一度型を作ってしまえば大量生産でき、売れば儲かります。
その点、建設業は一品料理ですから、そうはいかないのが悩ましいところです。

施主さまに喜ばれる仕事を

商売において、「儲けすぎてはいけない」ということは全くありません。

そもそも、商売の本質は何だと思われますか?

それは「いかに顧客に価値を認めてもらい、結果として利益を上げるか」でしょう。

利益を上げれば、税金を払い、社会に還元する。
さらに雇用を創出する、つまり地域に貢献する。
という、素晴らしいサイクルができるのです。

好業績の工務店さんは、利益率が高いのは当然です。
ではその工務店さんは、いい加減な家を建てて法外な価格で販売しているのでしょうか。

実際は違いますよね。

「施主さまに喜ばれる付加価値を提供している」から、利益が出る
このことを理解されているので、儲かっているのです。

ちなみに、儲けが出ない工務店さんは、いずれどこかで破綻してしまいます。
その時、誰が一番困るのか。
言うまでもなく、施主さまです。

商売に「儲けすぎ」はありません
これを頭に置いて、ぜひ世の中に貢献してください。


なお、私どもでは「粗利益」よりも「限界利益」で考えることをおすすめしています。
限界利益については第112回から連載しますのでご参照ください。

売上と利益

【第112回】売上総利益率が想定より少ないのはなぜ? ~工務店の利益解説1

自社には粗利がいくら必要なのか? を具体的に学んでみませんか
工務店の利益講座

工務店社長のための「いい家を建て、“手堅く”利益も残す」講座

「利益を改善する」と言っても、見積や原価を見直すだけでは簡単に解決しないものです。
それは、工務店のすべての業務が利益につながっているからです。

その集客は何のために行うのか? 業務のどこにムダが隠れているのか?
自社が本当に改善しなくてはいけない点はどこなのか?

工務店経営の中身を読み解き、経営者としての基本と応用が身につく講座です。
第6期は2021年5月開講です。New!

この記事に関するご質問・ご感想・お問い合わせは【工務店経営の専門家・ジクージン】まで、お気軽にお送りください。


いい家を建て、利益も残す工務店300の方法
読者会員登録


メール会員
読者会員さまに、工務店経営に役立つ情報をメールでお知らせします。

セミナーや勉強会・交流会のご案内も優先的に届きます。
オリジナル資料のダウンロードもできます。
時々おまけもついてます。

年会費は無料です。登録しておきませんか?


ABOUT US

間瀬 隆司
間瀬 隆司
工務店経営の専門家。集客・営業、人材教育・組織づくり、経営計画、資金繰りを含めた「全ての面倒をみる」スタイルのコンサルティングで、工務店さんを支え続けて29年。工務店のほぼすべてを知り尽くしており、駆け込み寺的な役割を果たしています。神奈川県横浜市在住。海を見るとホッとします。
→詳しいプロフィールはこちら