工務店経営のヒントが届く! 無料メルマガはこちら >

【第43回】間違えていませんか?粗利益率と見積の計算方法 ~工務店の数字4

Q前回ご指摘頂き、決算書をチェックしたところ、確かにわが社の決算書の原価内訳には、労務費や現場経費が入っていました。
それを差し引くことで随分イメージに近い感じになりましたが、まだ何か違います。
なぜか粗利が2~3%、いつも足りません。原因は何でしょうか?
(工務店・年商6億円・栃木)

Aはい、これもよくいただくご相談です。
粗利が想定よりも少ない場合、計算方法が違っていることがあります。
まずは、御社の粗利益率の計算方法を確かめてみてください。

改めて基本の計算を確認しておきます。

「粗利益」と「営業利益」とは

「粗利益(あらりえき)」とは?

「完成工事高」から「工事原価」を引いたものが「粗利益」です。

完成工事高(売上高)- 工事原価(売上原価)= 粗利益(売上総利益)

「粗利益」は、決算書上では「売上総利益」と書かれています。
つまり、「粗利益」と「売上総利益」は同じものです。

ちなみに完成工事高は「完工高」と略すことがあります。
一般的には「売上高」といいます。

工事原価は単に「原価」と略すことがあります。

売上高と原価と粗利の関係

簡単に言えば、上の図のように

売上高 - 原価 = 粗利益
となりますね。

「営業利益」とは?

上記の「粗利益」から「経費」を引いたものが「営業利益」です。

粗利益(売上総利益)- 経費(販売費及び一般管理費)= 営業利益
営業利益は、本業で得た利益を示すものです。
「本業」とは、御社の定款の「目的」に記されているものを指します。

ちなみに、本業以外の利益(例えば金属を売却したときに得た収入など)は、決算書の「営業外収益」のところに計上されます。

「粗利益率」と「原価率」とは

「粗利益率(あらりえきりつ)」とは?

「粗利益率」は、売上高の中で、粗利益の占める割合は何%か、を表すものです。
「粗利益」を「売上高」で割ると求められます。

粗利益率 = 粗利益 ÷ 売上高 ×100(%)

この「粗利益率」が、いわゆる「粗利○○%」と呼ばれるものです
粗利益や粗利益率を略して、単に「粗利」ということも多くあります。

なお、「荒利益」と書かれていることもありますが、これも間違いではありません。

「原価率」とは?

「原価率」は、売上高の中で、原価の占める割合は何%か、を表すものです。
「原価」を「売上高」で割ると求められます。

原価率 = 原価 ÷ 売上高 ×100(%)

ちなみに、「粗利益率」+「原価率」=100% となります。

粗利益率と見積額の計算

では、上記を踏まえて、実際に計算してみましょう。

粗利益率の計算

【例題1】
売上高(完成工事高)2,000万円、原価が1,600万円の新築住宅があるとします。
この場合の粗利益率は何%でしょうか?

粗利益=売上高-原価 でした。

したがって、この粗利益は、
[売上高2,000万円]-[原価1,600万円]=400万円
です。

粗利益率は、粗利益 ÷ 売上高 ×100(%) なので、この場合は、
[粗利益400万円] ÷ [売上高2,000万円] ×100=20%
だと分かります。

では、もうひとつ計算してみましょう。

見積額の計算

【例題2】
原価1,600万円の建物で、粗利益を20%確保したいと思います。
その時の見積額はいくらでしょうか?

例題1の逆ですね。

まず言葉の使い方ですが、先ほどの「売上高」は引渡し完了時の数字です。
そもそも粗利を確保するためには見積時が重要です
そこで、ここでは「見積額」とします。

つまり、売上高(引渡し後)⇒ 見積額 です。

では、いくらで見積もればよいのか計算してみましょう。

原価が分かっているので、まずは原価率を見てみます。
粗利益率が20%ということは、原価率は、100%-[粗利益率20%]で、80%となります。

原価率=原価 ÷ 見積額 ×100(%) に当てはめてみると、
[原価率80%]=[原価1,600万円] ÷ [見積額△△万円] ×100(%)

[見積額△△万円] × [原価率80%]=[原価1,600万円]

が成り立ちます。

したがって、
見積額=[原価1,600万円] ÷ [原価率80%]=2,000万円
だということが分かります。

つまり、「原価」を「原価率」で割ると、見積額が出るのです。

見積額 = 原価 ÷ 原価率 ×100(%)

粗利の計算、間違えていませんか?

粗利の計算に関して、よく勘違いされているケースをご紹介します。
念のため、社内で間違った計算が行われていないか確認してみてください。

原価1,600万円で、「粗利を20%確保したい」ときの計算です。
原価に粗利を「20%乗せる」というイメージで、120%を掛けてしまう、つまり原価×1.2倍と計算しているケースがあります。

粗利の計算を間違えている例

原価×1.2倍で実際に計算してみると、
[原価1,600万円] ×1.2=1,920万円(見積額)
となります。

例題2のとおり、本来は見積額2,000万円にならなければいけないはずです。
しかし、原価×1.2倍で計算すると、なんと80万円も不足しているのです

では、この場合の粗利益率は、いったい何%になっているのでしょうか?

粗利益は、
[見積額1,920万円]-[原価1,600万円]=320万円

粗利益率は、
[粗利益320万円] ÷ [見積額1,920万円] ×100 ≒16.7%

粗利を20%確保しているつもりが、実際はなんと16.7%しか取れていなかったのです

これでは粗利益率がかなり低くなってしまいます。
この計算間違いをしている会社は、よく見かけます。

基本に立ち返り、まずは社内で再確認してみてはいかがでしょうか。

自社に必要な利益がわかる「工務店の利益講座」お申込受付中
工務店の利益講座
「利益を改善する」と言っても、見積や原価を見直すだけでは簡単に解決しないものです。
それは、工務店のすべての業務が利益につながっているからです。

その集客は何のために行うのか? 業務のどこにムダが隠れているのか?
自社が本当に改善しなくてはいけない点はどこなのか?

工務店経営の中身を読み解き、経営者としての基本と応用が身につく講座です。
第7期は2021年6月開講です。New!

この記事に関するご質問・ご感想・お問い合わせは【工務店経営の専門家・ジクージン】まで、お気軽にお送りください。


いい家を建て、利益も残す工務店300の方法
読者会員登録


メール会員
読者会員さまに、工務店経営に役立つ情報をメールでお知らせします。

セミナーや勉強会・交流会のご案内も優先的に届きます。
オリジナル資料のダウンロードもできます。
時々おまけもついてます。

年会費は無料です。登録しておきませんか?


ABOUT US

間瀬 隆司
工務店経営の専門家。集客・営業、人材教育・組織づくり、経営計画、資金繰りを含めた「全ての面倒をみる」スタイルのコンサルティングで、工務店さんを支え続けて29年。工務店のほぼすべてを知り尽くしており、駆け込み寺的な役割を果たしています。神奈川県横浜市在住。海を見るとホッとします。
→詳しいプロフィールはこちら