工務店経営のヒントが届く! 無料メルマガはこちら >

【第84回】うまくいく完成現場見学会 #10 準備編~アンケートの作成

第83回記事の続きです。

工務店の集客
 

[4]アンケート用紙の作成

現場見学会のアンケート

では、お客さまが来場されたときに使うアンケートについて、見ていきます。
お客さまの情報をできるだけ把握し、的確なフォローをすることが目的です。
 

アンケートは2種類用意する

お客さまの基礎情報を聞き取るアンケートは、2種類用意することをおすすめしています

お客さまアンケートお客さまご自身で書いていただくもの)
基礎情報シート工務店側で聞き取るもの)

それぞれの内容をご紹介します。
 

<お客さまアンケート>

1. お名前
2. ご住所
3. 電話番号(スマホ)
4. メールアドレス、もしくはLINE
5. 見学会の建物に関する感想や質問(3~4個)
例.「今日ご覧になった建物はいかがでしたか」「気に入った部分があれば教えてください」
6. 家づくりの状況・要望についての質問(2~3個)
例.「家づくりについて具体的に検討されていますか」「土地(建築予定地または希望地)はありますか」
7. 今日の見学会に来場されたきっかけ
例. (1)チラシ (2)ホームページ (3)紹介 (4)その他

 

<基礎情報シート>

1. メインとなるお客さま(ご主人)の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、年齢、職業(勤務先・職種)、年収、自己資金
2. 奥さまの職業、勤務形態
3. ご家族(同居予定者)の構成、年齢
4. 現在のお住まい状況
5. 土地の有無
6. 家づくりの進捗状況(初級・中級・上級) ← 第78回でご紹介しています

 

内容はおおむね上記のとおりです。
その他、自社に必要な項目があれば加えてください。

さらに、どちらも「接客したスタッフの氏名」「接客時間」「特記事項」を記入できるようにしておくと、その後の対応がしやすくなります。
 

お客さまアンケートの使い方

当日、お客さまが来られたら、受付で「お客さまアンケート」をお渡しし、記入のお願いをします。

「お名前」だけは、必ずその場で記入していただきましょう。
「ご住所」「電話番号」もご記入いただければ良いのですが、無理にお願いすることはありません。

残りの項目は後にして、先に建物をご案内します。
 

お客さまアンケートは色分けをしておくと便利

お客さまアンケート」は、混み合う時間帯にスタッフが一時的に足りなくなる場合に備えて、色分けしておくと接客しやすくなります。

同じ内容のアンケートを、違う色の紙でコピーして用意します

例えば、
・新規のお客さまは緑色
・2回目以降のお客さまは青色
などと決めておきます。

来場されたお客さまには「当社の見学会は初めてですか?」と尋ねます。
そして、初めてであれば緑色のアンケートをお渡しする、といった具合です。

もしスタッフがお客さまから離れるときは、お客さまにそのアンケートを持って歩いていただきます。
 

手の空いたスタッフは、初めてのお客さま(緑色)を優先的に接客します
特に接客力のあるスタッフが対応できれば理想的ですね。

2回目以降のお客さま(青色)はある程度慣れているので、スタッフがその場を離れても、ご自分たちで回っていただけると思います。

回り終えたころに、声がけをします。
 

最後に記入のお願いと聞き取りを

一回りして見終わったお客さまには、椅子に座っていただき、アンケート記入のお願いをします

そして、「基礎情報シート」を使い、話をしながら聞き取りを行います。

「お客さまアンケート」と「基礎情報シート」の使い方は、このような流れになります。
 

第85回に続きます。

工務店の集客

「うまくいく完成現場見学会」記事一覧はこちらです。

うまくいく完成現場見学会

この記事に関するご質問・ご感想・お問い合わせは【工務店経営の専門家・ジクージン】まで、お気軽にお送りください。


いい家を建て、利益も残す工務店300の方法
読者会員登録


メール会員
読者会員さまに、工務店経営に役立つ情報をメールでお知らせします。

セミナーや勉強会・交流会のご案内も優先的に届きます。
オリジナル資料のダウンロードもできます。
時々おまけもついてます。

年会費は無料です。登録しておきませんか?


ABOUT US

間瀬 隆司
工務店経営の専門家。集客・営業、人材教育・組織づくり、経営計画、資金繰りを含めた「全ての面倒をみる」スタイルのコンサルティングで、工務店さんを支え続けて29年。工務店のほぼすべてを知り尽くしており、駆け込み寺的な役割を果たしています。神奈川県横浜市在住。海を見るとホッとします。
→詳しいプロフィールはこちら