工務店経営のヒントが届く! 無料メルマガはこちら >

【第86回】うまくいく完成現場見学会 #12 準備編~自社紹介の方法

第85回記事の続きです。

工務店の集客
 

[6]自社紹介の方法

自社を紹介する

自社紹介資料(動画)を用意する

来られたお客さまに、スタッフが毎回、自社の説明をするのはなかなか大変です。

人手が足りない時間帯には、新規のお客さまに対応するのが現場監督だったり、事務スタッフだったりする場合もあります。

普段は接客をしないスタッフでも、対応できるような準備をしておきたいものです。

そこで、パワーポイント等で自社紹介資料(動画)を作成します。
これを見学会の会場で流し、お客さまに見ていただくようにしましょう。

作り方は、第20回の記事で取り上げていますので参考にしてください。

契約までの道
 

お客さまにお渡しする資料(紙ベース)をつくる

自社のことを自分で語りすぎると、売り込んでいる感じが出てしまう。
これはチラシ集客の記事(第81回)でも述べたとおりです。

一般的に、人は「世の中に認知されている媒体」を信用する傾向にあります。

特に「国や都道府県の資料」「テレビのニュース」「○○新聞の記事」など、公共の機関や大手メディアからの発信物は、おおむね信用されます。

そこで、市販されている雑誌や新聞などを「家づくりについての資料」として使います。

自社のパンフレットも大切ですが、世の中に広まっているものも一緒に提供することで、「お客さまにとって公平な情報を出す会社」だという印象になります。
 

<住宅雑誌の特集記事を使う>

「月刊ハウジング」や「住まいの設計」など、住宅雑誌の特集記事をコピーして、参考資料とします。

例としては、「家づくりのよくある失敗」「間取りのアイデア」「家にかかるお金の話」「住宅ローンを安くする方法」などです。
雑誌の中から、自社のお客さまに参考になりそうなテーマを選んでください。

何か月かのサイクルで、同じような特集が組まれる場合がありますので、随時新しいものをチェックすることをおすすめします。
また、内容は必ず読んでおくようにしましょう。
 

■ 資料の作り方(雑誌を使う場合)

お客さまにお渡しするものですから、ゆがんだり影が残ったりしないよう、丁寧にコピーをとります。

そして、コピーの空白部分に出典を記載します。手書きでかまいません。
(例)「月刊ハウジング、2019年7月号より」

それを必要な部数、コピーします。
その上で、特に参考になりそうな部分には、マーカーや赤線を引いておきます。

マーカーを引いてからコピーするのではなく、コピーしたもの1枚1枚にマーカーを引くのがポイントです。
ひと手間加えることで、「あなたのために用意しました」という感じが出て、気の利いた印象になります。
 

<新聞記事を使う>

新聞記事で、自社のお客さまに参考になりそうなものをコピーして、参考資料とします。

例えば、住宅のローン金利の変更や、着工戸数の情報などの時事ネタです。
また、住まいやインテリアに関する記事・コラムなどでも良いと思います。
 

■ 資料の作り方(新聞を使う場合)

新聞の場合は、記事を切り抜きます。
それを、A4かA3の用紙(はみ出ないサイズ)に、貼り付けます。

ポイントは、日付が入るなら、日付を含めて切り抜きすることです。
日付が入らない記事の場合は、貼り付けた用紙の空白部分に出典を記載します。手書きでもかまいません。
(例)「日本経済新聞 朝刊、2019年○月○日」

新聞切り抜き資料の例
新聞切り抜き資料の例

こうしてでき上がった原稿を、必要な部数だけコピーしておきます。
 

~自社が掲載されている雑誌・新聞も同様に~

自社が取り上げられている雑誌や新聞記事があれば、同様に資料として作っておくと、お客さまにお渡しできます。

これらは自分でアピールしているわけではなく、第三者が語っており客観的なものとなりますので、説得力を持ちます

そして「雑誌や新聞にも載っている会社なんだ」と、お客さまにとって安心材料にもなるのでおすすめです。
 

注意点
上記の資料は、あくまでもお客さまに手渡しするものとして、使用してください。
最近は新聞・雑誌ともに著作権については非常に厳しくなっていますので、自社ホームページなどには勝手に載せないよう気をつけましょう。
 

第87回に続きます。

工務店の集客

「うまくいく完成現場見学会」記事一覧はこちらです。

うまくいく完成現場見学会

この記事に関するご質問・ご感想・お問い合わせは【工務店経営の専門家・ジクージン】まで、お気軽にお送りください。


いい家を建て、利益も残す工務店300の方法
読者会員登録


メール会員
読者会員さまに、工務店経営に役立つ情報をメールでお知らせします。

セミナーや勉強会・交流会のご案内も優先的に届きます。
オリジナル資料のダウンロードもできます。
時々おまけもついてます。

年会費は無料です。登録しておきませんか?


ABOUT US

間瀬 隆司
工務店経営の専門家。集客・営業、人材教育・組織づくり、経営計画、資金繰りを含めた「全ての面倒をみる」スタイルのコンサルティングで、工務店さんを支え続けて29年。工務店のほぼすべてを知り尽くしており、駆け込み寺的な役割を果たしています。神奈川県横浜市在住。海を見るとホッとします。
→詳しいプロフィールはこちら