工務店経営のヒントが届く! 無料メルマガはこちら >

【第13回】競合店は女性スタッフばかり。男性が多い弊社は不利でしょうか

Q近所の競合店が元気です。ネットで調べてみると、女性スタッフが多いようです。営業も設計も監督もほとんどが女性です。
弊社は妻とパートさんを除いて全員男性。しかも平均年齢も高い。
どう思いますか?
(54歳・工務店・神奈川)

Aよくあるケースですね。
「どう思いますか?」と問われれば、残念ながら「厳しい戦いが続くでしょうね」とお答えするしかありません。

まずは同年代が好まれます

工務店スタッフの採用

新築を建てるお客さまの年齢層はどのくらいでしょうか?
だいたい30歳前後ですね。

競合店の女性スタッフの年齢層はどんな感じですか?
30歳前後?

であれば、お客さまはとりあえず、おじさんばかりの工務店よりは自分の年齢に近い、女性スタッフの多いほうに行くでしょう。

これはもう仕方がないと思います。

御社の強みがカギを握ります

ただ、接客対応や仕様などでフィーリングが合わない場合も多いものです。

その場合、お客さまは、その競合店はやめるかもしれません。
だからと言って、御社に来てくれる保証はないですよね。

やはりお客さまと年齢が近い担当者、それも女性目線のほうが受けは良いと思います。

では、例えば男性スタッフが多く平均年齢も50歳前後の工務店さんは人気がないのか、といえば、そうとも限りません。
頑張っているところがあるのは事実です。

そういう会社は、他社と違う何らかの強みを持っています。

まずは、自社の強みやオリジナリティを見直すところから始めてはいかがでしょうか。

この記事に関するご質問・ご感想・お問い合わせは【工務店経営の専門家・ジクージン】まで、お気軽にお送りください。


いい家を建て、利益も残す工務店300の方法
読者会員登録


メール会員
読者会員さまに、工務店経営に役立つ情報をメールでお知らせします。

セミナーや勉強会・交流会のご案内も優先的に届きます。
オリジナル資料のダウンロードもできます。
時々おまけもついてます。

年会費は無料です。登録しておきませんか?


ABOUT US

間瀬 隆司
工務店経営の専門家。集客・営業、人材教育・組織づくり、経営計画、資金繰りを含めた「全ての面倒をみる」スタイルのコンサルティングで、工務店さんを支え続けて29年。工務店のほぼすべてを知り尽くしており、駆け込み寺的な役割を果たしています。神奈川県横浜市在住。海を見るとホッとします。
→詳しいプロフィールはこちら